日本の料理:カツ

トンカツは日本の代表的な揚げ物料理です。かつ丼、カツカレー、カツサンド、お弁当のおかずなど、どれも人気のメニューです。

欧米人にはカツ好きが多いようで、トンカツやチキンカツが日本食レストランにはトンカツやチキンカツが必ずといっていいほどあります。「katsu」という名前も徐々に浸透してきました。

カツを作るために不可欠な材料であるパン粉も、「panko」としてスーパーに置く国もあります。

カツだけでなく、今までとりあげてきたような寿司、ラーメン、豆腐、照り焼き味など、どれも海外では認知度が高く、漫画やアニメ、オンラインのゲーム、カジノ 日本料理のテーマなどに登場することもあります。

2013年12月には、和食が世界遺産として登録されました。今後も、日本の食事はさまざまな側面から世界に影響を及ぼし続けていくでしょう。